誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

MENU

書評・読書

書籍レビュー 神様の御用人2 人間味あふれる神様たち

(メディアワークス文庫 (C)株式会社アスキー・メディアワークス (C)浅葉なつ) 2017年8月4日現在、最新刊は7巻のようですが、私が読んでいるのは2巻です。流行に関係なく興味のある本、気になった本を読んでいるので、しょっちゅう時代遅れの本を読んで…

書評 書くことが思いつかない人のための文章教室

ブログに何を書くか、迷われる方は多いのではないでしょうか。 私もいつも迷っています。有名人であれば単に日記を書いてもアクセスは上がるのでしょうが、40代の普通のサラリーマンが書いている以上、何かしら有益な情報発信をしないと、多くのブログの中に…

書評 99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

発売されたのは2012年ですが、かなり売れているようで、帯に100万部突破と書かれていました。 出版不況で、3万部でもベストセラーといわれるこのご時世ですから、かなり売れているビジネス書ということになります。 読みやすく分かりやすい 第一印象は、読み…

5分間のマジック

今日のブログは過去に読んだ本からの受け売りです。 何の本に書かれていたのかは忘れてしまったのですが、ヒットしていたビジネス本だったように記憶しています。 記事を書くにあたり、自分の本棚を引っ掻き回してみたのですが、その本はどうしても見つかり…

本棚を見れば、その人がどういう人かわかる

「本棚を見れば、その人がどういう人かわかる」という言葉を聞いたことがあります。 誰の言葉だったのかは忘れてしまいましたが・・・ ※追記ググってみたら、アメリカの古い格言のようです。 私の本棚は書籍とマンガとゲームとPCソフト ブログには絵的な要素…

書評 村上海賊の娘 第二巻

私は歴史小説をよく読みます。といっても、司馬遼太郎が大半で、他には吉川英治、池波正太郎、山岡荘八、田中芳樹、火坂雅志、鈴木輝一郎くらいでしょうか。 今日は土曜日だったこともあり、和田竜氏の「村上海賊の娘」の第二巻を読了しました。書評であれば…