誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

マンガ レビュー

センゴク権兵衛9巻 仙石秀久が主役の漫画も最終章。戸次川の戦いに突入

「センゴク権右衛」は豊臣秀吉の家臣、仙石秀久を主人公にした物語です。人気があるようで第一部、第二部、第三部と連載が続き、現在は最終章である第四部に突入しています。 9巻の表紙は仙石秀久、ではなく、相手役の島津家久ですね。 右側が主人公の仙石権…

波よ聞いてくれ4 世にも珍しいラジオを舞台にしたマンガ

著者は無限の住人と同じ人、というとすぐに分かると思います。 沙村広明氏によるラジオ局を舞台にした現代劇です。 札幌のカレー店でウエイトレスをしていた鼓田ミナレが、ひょんなことからラジオの深夜番組のDJになり、ドタバタ劇を繰り広げます。 刀もアク…

ソウナンですか? 山賊ダイアリーの作者による女子高生サバイバル

女子高生のお色気シーンが満載のマンガなのですが、不思議とエロくはありません。テーマがサバイバルなので、お色気シーンは清涼剤的な扱いだからなのかもしれません。 ソウナンですか?のあらすじ紹介 学生達が乗った飛行機が海上で墜落し、4人の女子高生が…

DEATH NOTE、再び。ライトが生き残るにはどうすればよかったのか。

DEATH NOTEに関する記事を書くのは2回目です。前回は解決していない謎について考察してみました。 DEATH NOTE(デスノート)の解決していない3つの謎の考察 考えてみれば、DEATH NOTEほど綺麗に終わったマンガはないかもしれません。 少年誌は人気があると連…

坂本ですが? このマンガがすごい2014年版の第二位にランクインした作品

「坂本ですが?」はこのマンガがすごい!2014の第二位にランクインした作品です。 「このミステリーがすごい!」や「このライトノベルがすごい!」にランクインする作品っていつも気になります。「坂本ですが?」もずっと気になっていたので、この連休中に一…

DEATH NOTE(デスノート)の解決していない3つの謎の考察

今更ですが、DEATH NOTE(デスノート)を全巻購入して読んでみました。 もちろん過去に一度読んだことがあったのですが、近くの古書店で全巻まとめ売りしていたのでつい買ってしまいました。 ストーリーはご存知の方も多いと思います。 名前を書かれると死ぬ…

ダンジョン飯 5巻 複雑に張り巡らされた伏線を考える

異世界ものには流行があるような気がします。少し前までは異世界+転生ものが多かったようですが、今の流行りは異世界+ご飯ものではないでしょうか。 マンガだとダンジョン飯、小説だと異世界食堂がその奔りのような気がするのですがいかがでしょうか。 (…

マンガ レビュー ブラック企業をやめて上海で暮らしてみました

「ブラック企業やめて上海で暮らしてみました」(C)扶桑社(初田宗久:原作 にしかわたく:漫画) 40歳で会社を辞めて、海外に語学留学、というだけでまず驚いてしまうのですが、それだけではなく、中国語をマスターして、現地で就職までしてしまうのでさらに…

マンガ評 君死シニタマフ事ナカレ 第1巻 超能力を持った高校生の戦場

www.youtube.com 週末に足を運んだ本屋さんで、PVが流れていました。 全く知らないマンガだったのですが、このPVに惹かれて購入しました。 超能力を持った高校生の戦場 最初に思ったのは、ありそうでありえない世界観の設定、でした。 石油資源が枯渇した世…

マンガ評 HUNTER×HUNTER 34巻 ヒソカ VS クロロ

ジャンプ系バトルマンガの最高峰、という紹介だけでは適切ではないかもしれません。 HUNTER×HUNTERというマンガは、様々な冒険、主人公の成長、張り巡らされた伏線、複雑な設定上での戦闘、と様々な要素を含んでいます。 ときには直接の戦闘ではなく、選挙戦…

機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝2 戦場としての宇宙空間

私はガンダム世代の人間です。 ガンプラにもハマりましたし、ゲームも「ギレンの野望」を中心によく遊んでいました。 ちなみにギレンの野望は、他のガンダムゲームとは一線を画する存在だと思っています。シミュレーションゲームには戦略級や戦術級といった…

マンガ評 プラチナエンド 第6巻 続きは気になるが・・・

書評、という言葉があるので、マンガ評、という言葉をタイトルに入れてみたのですが、この言葉が正しいのかどうかは私には分かりません。単にマンガの感想、と書いた方が良いのかもしれませんが・・・まあ、あまり気にしないで進めることにします。 デスノー…