誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

AfterEffectsでループを作成する方法。ディゾルブで背景をループ

スポンサーリンク

AfterEffectsで初心者向けに背景画像をループさせる方法を解説します。以前に解説したエフェクトをループさせる方法よりも、簡単に作成することができます。映像をループさせるコツを掴むのにはちょうど良いと思います。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20181117225710j:plain

映像をループさせるコツは、のりしろ部分の後ろを映像の先頭になるように調整することです。

 

映像を用意とディゾルブの解説

まずは映像を用意してAfterEffectsに配置します。今回はロイヤリティフリーのサイトからダウンロードした映像を使用します。

f:id:kitahana_tarosuke:20181117230733g:plain

10秒ちょっとの風景映像です。画像が切り替わるタイミングがはっきりと分かると思います。この切り替わりがわからないように映像をディゾルブでループさせます。

 

ディゾルブとは重ねた映像を段階的に表示させて行く方法です。クロスフェードとほぼ同義です。

 

一応、この2つには違いがあって、

  • ディゾルブ 一方の画像を段階的に表示させる
  • クロスフェード 双方の画像を段階的に切り替える

という形になります。

 

オーバーラップということもありますが、オーバーラップは上に重ねる表示物を指すこともあります。この辺りは、会社や業界によっても微妙に異なるので、深く気にすることはないでしょう。

 

不思議とディゾルブループということはあっても、クロスフェードループということはありません。理由は・・・私にはわかりませんが(^^;

スポンサーリンク

 

 

映像を重ねてのりしろ部分を作る

映像を重ねてのりしろ部分を作成します。

f:id:kitahana_tarosuke:20181117232736j:plain

AfterEffectsのタイムラインです。複製した映像の先頭部分を、225フレーム付近に持ってきます。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20181117235026j:plain

上に重ねた映像にタイムリマップを適用します。タイムリマップの機能自体は使用しません。タイムリマップを使用する理由は上に重ねた映像のフレームが何番なのかを知るためです。

 

映像のフレーム数を知る方法は他にもありますが、タイムリマップはショートカット(Ctrl + Alt + T)があるので、一番手っ取り早いでしょう。

 

今回は93フレーム目なので、この映像の先頭を94フレームにすれば映像が繋がることになります。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20181118001650j:plain

AfterEffectsのタイムラインはこんな感じです。

 

上に重ねた映像の最終フレームが93フレームなので、映像自体の先頭を94フレームから始まるように設定し直しました。これで映像の終わりと最初は繋がったことになります。

 

さて、終わりと最初は繋がりましたが、このままだと225フレーム部分で映像がパキっと切り替わってしまうので、画像が徐々に表示されるように(ディゾルブで表示されるように)、調整する必要があります。

 

CC Image Wipeの解説

エフェクト→トランジション→CC Image Wipeと選択します。

f:id:kitahana_tarosuke:20181117233527j:plain

Completionが映像の切り替わる度合いです。completionは完了という意味ですね。コンプリート(complete)の名詞形です。

 

225フレームのCompletionを100%に、最終フレームを0%に設定します。これで最終フレームで重ねた画像がすべて表示されるようになります。

 

Border Softnessは切り替わる部分にソフトなボケ足を追加してくれます。ガツンと100%に設定すれば、ほぼ違和感なく映像をディゾルブさせることができます。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20181117234522j:plain

Gradientは対象とするレイヤーや何を基準にディゾルブさせるかを選択することができます。この辺りは使用する映像によって調整すると良いと思います。今回はデフォルトで使用しました。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20181118000428g:plain

完成映像がこちらです。元の映像は10秒ちょっとありましたが、のりしろ部分だけ映像が短くなっているので、完成映像は7秒ちょっとになっています。

 

ループ映像を作成するときは、のりしろ部分だけ映像が短くなることも考慮する必要があります。

 

まとめ ー 上に重ねた映像の最終フレームをムービーの先頭に

映像製作でループ映像を作成することはよくあります。多いのがカットイン映像の背景とかですね。ゲームではそれほど作成する場面は多くはないですが、遊技機だと必須といってもいいくらいです。

 

今回はCC Image Wipeを使用しましたが、映像によっては透明度を変化させるだけでもループ映像ができたりします。重要なのは上に重ねた映像の最終フレームが映像の先頭になるようにすることです。

 

ディゾルブループはコツさえつかめば誰でもできるので、参考にしていただければと思います^^