誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

三国志

【随時更新】三国志をテーマにしたお薦めソーシャルゲームをピックアップ!

三国志好きとしてはゲームでも三国志を楽しみたい、と思いスマートフォンで遊べる三国志をテーマとしたゲームを調べてみました。 名作から最新作、中には異色作といってもいいものまで、調べてみると結構あったので、幅広くピックアップしてみます。 ソーシ…

三国志演義の最強軍師の私選ランキングトップ10

三国志演義で最強と呼ばれる軍師のランキングを作成してみました。1位はほぼ確定なのですが、それ以外の順位はかなり迷いました。 正史で活躍した人物でも演義では端役だったりすることがよくあります。今回は正史での活躍は目をつむり、あくまでも演義で活…

三国志1天狼の星 正史でも演義でもない北方謙三三国志

三国志は日本の多くの作家が手がけています。代表的なのが吉川英治氏と宮城谷昌光氏でしょうか。マンガでも横山光輝三国志や「蒼天航路」などが有名ですね。 歴史作家の北方謙三氏が執筆された三国志は正史でも演義でもない三国志、という感じでしょうか。誰…

「破竹の勢い」の語源になった三国志の末期の晋の杜預

三国志を由来とする言葉はいくつかあります。有名なのは「白眉」や「苦肉の策」あたりでしょうか。そして「破竹の勢い」という言葉も、実は三国志から生まれた言葉です。 この言葉の由来となったのは晋の杜預で、呉を滅ぼした人物として知られています。蜀は…

姦雄曹操の有名なエピソード、呂伯奢一家殺害は史実なのか

三国志で魏の国を建国した英雄曹操は「治世の能臣、乱世の姦雄」と評されました。人相見として有名だった許劭が、若い頃の曹操を評価していったのがこの言葉でした。 「落ち着いた世であれば能力ある家臣として、世が乱れれば悪知恵の働く英雄になるだろう」…

正史版 三国志の最強軍師の私選ランキングトップ10

正史版三国志の軍師のランキングを作成してみました。 最強武将版のランキングと同様に私の趣味と偏見でランキングにしていますので、自分の好みの軍師の順位が低くても、笑って読み流していただければと思います。 ランキングを作成するために、手持ちの三…

蜀の将軍で最も長生きした廖化。三国志演義だと80歳以上!?

廖化といえば関羽の腹心の武将で、関羽の危機を孟達や劉封、そして劉備に伝えたことで有名です。この廖化ですが、蜀の武将の中ではもっとも長生きだったといわれています。三国志演義で計算するとおそらく80歳を超えてもまだ現役で活躍しました。 正史だと登…

正史版 三国志の最強武将の私選ランキングトップ10

以前に三国志演義の最強武将ランキングは作成したのですが、今回はその正史版を作成してみました。前回と同様にあくまでも私選なので、私の趣味と偏見がたっぷりはいっています。話のネタくらいに捉えていただければと思います。 正史と演義で一番異なるのは…

諸葛亮以外の諸葛氏について調べてみた。狗と評された諸葛誕とその息子諸葛靚

「三顧の礼」で劉備に迎えられた諸葛亮(諸葛孔明。以下は諸葛亮と表記します)は有名ですが、諸葛氏の一族は呉や魏でも活躍しています。 諸葛亮の兄で呉の重臣である諸葛瑾や、その息子である諸葛恪、そして魏に仕えた諸葛誕が有名ですね。 諸葛氏の一族は…

三国志演義の最強武将の私選ランキングトップ10

独断と偏見で、三国志で強い武将のランキングを作成してみました。三国志のマンガを読んだばかりなので、頭の中が三国志モードになっていますw あくまでも私選なので、三国志好きが勝手に作ったランキングとして、話のネタくらいに捉えていただければと思い…

三国志魂(スピリッツ)上下巻 ハガレンと孔明のヨメの著者によるディープな三国志本

三国無双などのゲームはプレイしているけど、三国志はよくわからないという人にお薦めの一冊です。いや、二冊ですねw 三国志が好きな人は概ね二つに別れると思います。 横山光輝のマンガから入った人 コーエーのゲームから入った人 ちなみに私は後者です。 …

三国志 全12巻+外伝 宮城谷昌光 梁冀の死が三国志の始まりなのか

宮城谷昌光氏の三国志を読了しました。三国志は正史と演義がありますが、その違いは、 正史 歴史書 演義 歴史小説 になります。三国志演義は史実を基にした歴史小説で、蜀漢を建国した劉備を中心に虚構を3割くらい含めて記述されています。 宮城谷昌光氏の三…