誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

ピーターの法則をゲーム会社に当てはめて考えてみた。

スポンサーリンク

ピーターの法則と呼ばれる社会学の考え方があります。簡単に説明すると、有能な人でも出世すれば無能になってしまうので、組織としては衰退していく、という法則です。ちょっと聞いただけでは意味がわかりにくいですね。

 

何かに当てはめて考えてみると分かりやすいと思いますので、今回は私が在籍しているゲーム会社に当てはめて考えてみました。

f:id:kitahana_tarosuke:20180808034903j:plain

 

ピーターの法則とは?

ピーターの法則をいつものWikipedia先生に聞いてみます。

  1. 能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。
  2. 時が経つにつれて、人間はみな出世していく。無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。
  3. その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。
  4. (出典 Wikipedia)

 

うん。分かりづらいですね。

では、ゲーム会社に当てはめて考えてみます。

 

ピーターの法則とゲーム会社のデザイナー

ゲーム会社の社内組織は様々です。仮に、

  1. デザイナー
  2. チーフデザイナー
  3. ディレクター
  4. プロデューサー
  5. 開発部長

というような職位の会社があったとします。

 

このうちデザイナーがチーフデザイナーに昇進したとします。この人がチーフデザイナーとして優秀な仕事ができるかどうかは、チーフデザイナーとしての職位にあったスキルに左右されます。

 

デザイナーがチーフデザイナーになるのはどうしてでしょうか。デザイナーとしての働きが優秀でそれが認められたからでしょう。ただこの人はデザイナーとしては優秀であったとしても、チーフデザイナーとして優秀かどうかは分からないのです。

 

自分で3Dモデルを製作したり、綺麗なエフェクトを作成するのに長けていたとしても、チーフデザイナーとして他の人のクオリティをチェックしたり、作業を指導をしたりというような、チーフデザイナーの仕事ができるかどうかは未知数です。

 

未知数というか、初めてチーフデザイナーになった人は、それまでデザイナーとしてしてきた仕事とは異なる仕事をすることになります。そのためチーフデザイナーとしては無能(というと言い過ぎかもしれませんが)ということになるのです。これがピーターの法則の考え方です。

 

デザイナーがチーフデザイナーになった場合はまだ対処できるかもしれませんが、チーフデザイナーがディレクターになったりすると、かなり仕事の内容が異なるので、それこそピーターの法則が当てはまるかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

ピーターの法則だと組織が全て無能になってしまう

ピーターの法則に従っていると、組織のすべての層が無能な人材で埋め尽くされてしまいます。

 

デザイナーとして優秀だからチーフデザイナーになる

チーフデザイナーとしては無能だった

そこで出世が止まる

 

デザイナーとしてもチーフデザイナーとしても優秀

ディレクターに昇進したが無能だった

そこで出世が止まる

 

説明するとこういう形でしょうか。優秀だから出世したはずなのに、職位が変わればその職位に合った仕事をすることを求められます。デザイナーとして優秀だった人が、チーフデザイナーやディレクター、そしてプロデューサーや開発部長として優秀だとは限りません。

 

そのため、全ての階層で無能な人が出来てしまい、結果として組織が衰退していくのです。

 

 

まとめ ー ピーターの法則は示唆に富んでいる

ピーターの法則はおもしろい寓意を含んでいると思います。

それは、会社にとっては全ての人間が出世するのではなく、出世しない専門職も必要という考え方です。

 

誰もが管理職として優秀という訳ではありません。

そして誰もが管理職になりたいという訳でもないでしょう。

 

生涯一デザイナーでも現場のプログラマーでも、言葉は何でも良いのですが、出世をせずに現場でずっと作業をしたいというタイプの人が居ることで、会社というのは回るのかなー、とちょっと考えたというお話でした。