誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

MENU

デザイナーが間違った仕事をすると人が死ぬ

f:id:kitahana_tarosuke:20170818011041j:plain

急にアクセス数が伸びたので、びっくりしつつもブログを書いています。データの圧縮は、古くからゲーム開発をしている人間にとっては当たり前の話なので、注目されるとは思ってもみませんでした。

 

何を作ったかは話せない

ゲーム開発をしている、というと、どんなゲームを作ったの?、と聞かれること多いのですが、残念ながらそれに答えることはできません。

 

理由は「守秘義務」です。

大手ゲーム会社に在籍していて、ファミ通とかに出ているクラスの人ならともかく、デベロッパーサイドに居る人間は、残念ながらネットに記載することはできないのです。

 

でも、昨日の記事のような内容であれば、紹介しても何の問題もないので、また折を見て記事にしようと思います。技術的なことでも、会社に依存する技術はもちろんだめなのですが。

 

デザイナーが間違った仕事をすると人が死ぬ

今日もデザインに関する小話です。ただ今回はゲーム系ではありません。

 

職業がデザイナーなので、どうしてもデザイン系の記事が多くなっちゃいますね。まあ、そのうち本やマンガのレビュー、戦国時代、オピニオン系の記事も書くと思います。雑記ブログなので、ご容赦いただければ幸いです。

 

先輩デザイナーの言葉

私はゲーム会社に入る前にチラシやパンフレット、マニュアルなどを作成するデザイン事務所に勤務していたことがありました。社員数は4人でした。ただ、協力会社やフリーランスで常駐してもらっていた方もいたので、社内にはいつも10人前後の人が居たと思います。

 

当時の私は下っ端のデザイナーだったので、先輩のデザイナーから色々と教えてもらいながら仕事を進めていました。

 

そのデザイン事務所には、とてもデザインに厳しい先輩デザイナーが居ました。先輩デザイナーはデザインスキルの非常に高い方で、クライアントさんから指名で仕事がくるくらいでした。ただ、仕事に厳しかったので、小心者の私はなるべく一緒に仕事をしないですむように立ち回ったりしていました。

 

ところがある日、その先輩デザイナーとがっつり二人で組んで仕事をすることになったのです。

 

内心は、「嫌だなあ。怒られるかな。早くこの案件が終わらないかな」
と思いつつも、先輩デザイナーからスキルを盗めるかも、と前向きに考えたりもしていました。

 

そして案件が始まる初日に、先輩デザイナーからランチに誘われました。


強面の先輩でしたが、仕事を円滑に進められるようにとの配慮だったのでしょう。

ただ二人ともそれほど喋りが上手い方ではないので、ランチは「ここは仏前か」と思うくらいの沈黙が続きました。

 

そのとき、ランチを食べていた定食屋のテレビで、あるニュースが流れました。


それは看護師さんが点滴に使う薬剤を間違えて患者が死亡したというニュースでした。

 

そのときに先輩デザイナーがぽつりと、
デザイナーが仕事してねえな」と言いました。

 

私にはまったく意味が分からなかったのですが、ランチの後で先輩デザイナーが解説してくれました。

  • 使う薬剤のラベルのデザインが非常に似ていたこと
  • 命に関わる薬剤のラベルを、なぜ同じデザインにしたのか
  • 作成したデザイナーは、過去の薬剤ラベルのデザインをチェックしていない
  • デザイナーであれば、見た目だけではなく、何を伝えるのかも考えるべき

 

そうなんですよね。
デザインには2つの意図があって、

  • 見た目の綺麗さ
  • 伝えるべき内容

を考える必要があります。

 

デザインには2つの意図がある

f:id:kitahana_tarosuke:20170817002615p:plain

また昨日の画像をもってきて恐縮ですが、上記の画像だと、ボタンの装飾や形などが「見た目の綺麗さ」であり、みんな課金してね、というテキストが「伝えるべき内容」になります。

 

これがロゴデザインであれば、ロゴが綺麗かどうか、という点と、文字の意味、が分かるようにデザインする必要があります。当たり前のことなのですが、どんなにアーティスティックで綺麗なロゴを作成しても、読めなければ意味がないですよね。

 

単に見た目の綺麗さをだけを作りこむのではなく、考えてデザインしないと行けない。それが命に関わる薬剤のラベルならなおさらだ、というのが先輩デザイナーからのアドバイスでした。

 

今は私が携わっているのは、エンターテインメント業界のデザインです。間違えれば人が死ぬということはまずありません。それでもときどき、先輩デザイナーの言葉を思い出して、ちゃんとデザインに込めた意図がユーザーに伝わっているかな、と考えつつ仕事をするようにしています。