誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

ゼロ秒思考 実践すべきメモ活用法

久しぶりに実践すべきビジネス書に出会いました。

f:id:kitahana_tarosuke:20171002012334j:plain

2013年に発売された本なので、すでに読了された方も多いかもしれません。私自身も気になっていたのですが、なかなか読む機会がなく(というか積読本が3桁はあるので、順番が回ってこない^^;)、先日ようやく読み終わりました。

 

ゼロ秒思考 思考を鍛えるトレーニング

結論を先に書いてしまうと、メモによるアウトプットを行い、思考力を鍛える方法を具体的に記載した本です。

 

メモの書き方から書式まで、詳細に記載されています。また考えるべき項目もいくつかサンプルが掲載されているので、これ一冊読めば著者の主張するメモの活用法を実践できます。

 

メモを取ることを薦めるビジネス書はいくつもありますが、ゼロ秒思考のメモの作成の仕方は普通とはちょっと異なっています。何か思いついたときに忘れないようにメモを取るのではなく、テーマを決めてそれに対して考えつくことを書くのです。

メモを取る、というよりは、思考を言語化することによる意識トレーニング、といっていいでしょう。

 

A4用紙は最強のトレーニングアイテムかもしれない

考えてみるとメモを取るのに、A4用紙は最強のアイテムなのかもしれません。実は一つ前の記事で、メモ書きにはスマートフォンを活用すればいいと書いたばかりなのですが^^;

www.daremomiteinai.com

 

ゼロ秒思考では必ずメモ書きにA4用紙を使用します。

  • 簡単に手に入り、裏書きなどが使えるので効率的
  • デジタルデバイスは起動に時間がかかりメモ書きには向かない
  • 文字と図を同時に書き込める
  • あとから整理整頓がしやすい

などの理由から必ずA4のコピー用紙などを利用します。

 

納得できるのは、文字と図を一緒に書き込める、という点ですね。

私自身はスマホにブログネタをメモっているのですが、たまに図を書きたくなることがあります。残念ながらスマホのメモ帳機能ではそれはできないため、文字で概要を記載するようにしています。これがアプリではなく、ただの紙であれば一緒に図を書くことも簡単にできるでしょう。

 

ビジネス手帳であれば、ページをちぎって項目ごとにファイリングし直すなどは不可能ですが(できないこともないと思いますが、貧乏性の私には無理ですw)、最初からA4のコピー紙に書いていればそれも簡単にできます。会社からミスプリントの紙をもらっておけば、経済的にも安くあがるでしょう。

 

著者の赤羽 雄二さんは他にも多数の本を執筆

ゼロ秒思考の著者の赤羽裕二さんの経歴を簡単に紹介します。

  • 東京大学卒
  • 小松製作所に入社後は建設現場用ダンプトラックの設計を担当
  • スタンフォード大学に留学
  • マッキンゼーに入社
  • マッキンゼーソウルオフィスをゼロから起ち上げ120名規模に
  • ブレークスルーパートナーズ株式会社を創業

錚々たる経歴の持ち主ですね。

ゼロ秒思考に関するセミナーや講演も多く担当されているようです。

 

www.slideshare.net

検索していたら、ご本人によるスライドを見つけました。メモ作成の実践の参考に良さそうです。

 

まとめ ー どんなに良書でも実践しないと意味がない

どんなに良書を読んでも、どんなに良いセミナーに参加しても、どんなに尊敬できる人の話を聞いても、実践しないと意味がありません。

 

という訳で早速、明日から実行してみます。

上手く習慣化するところまで続いたら、またブログで結果を報告します!

 

しばらくしても何も報告がなかったら・・・少なくとも私には効果がなかったか、もしくは続けられなかったとお考えください^^;