誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

デザイン Photoshopのレイヤースタイルだけで作成するゴールド文字

f:id:kitahana_tarosuke:20170810010004j:plain

Photoshopのレイヤースタイルだけでゴールドの文字を作成します。

金色の文字はデザイン業界では比較的よく使われます。そのほとんどが、ここでユーザーの眼を引きつけたい!、というときだと思います。

 

今回はそのゴールド文字をレイヤースタイルだけで作成してみます。

 

Photoshopのレイヤースタイルは手軽に設定できるので、デフォルトの設定だけを使用していると、どうしてもありふれた感じの見た目になってしまいます。でも、いくつか設定を重ねることで、ゴールドらしい高級感を出すことも可能です。

 

それでは作成していきます。

 

文字にレイヤースタイルを設定していく

まずは画像の用意

f:id:kitahana_tarosuke:20170810012601j:plain

640x428pixelの画像を用意し文字を入力します。フォントは何でも構いません。今回はArialのBoldを使用しています。作例のフォントサイズは48ptです。

ここからレイヤースタイルを適用していきます。

 

グラーデーションオーバーレイ

f:id:kitahana_tarosuke:20170810013313j:plain

レイヤースタイルのグラーデーションオーバーレイを使用して、ゴールドっぽいグラーデーションを文字に適用します。

 

設定したパラメータは下記の通りです。

  • 描画モード 通常
  • スタイル 反射
  • シェイプ内で作成 チェックを入れる
  • 角度 153度
  • 比率 108%

f:id:kitahana_tarosuke:20170811002548p:plain

グラデーションはグラデーション名「銅」を修正して金色に寄せてみました。ハイライトを入れることと、暗い部分(黒はダメ)も入れて、メリハリを付けるとゴールドっぽくなります。

 

ベベルとエンボス

f:id:kitahana_tarosuke:20170810014011j:plain

ベベルとエンボスを適用して立体感を出します。これだけでも少しゴールドっぽくなってきたのが分かるかと思います。

 

  • スタイル ベベル(内側)
  • テクニック 滑らかに
  • 深さ 420%
  • 方向 上へ
  • サイズ 4px
  • 角度 127度
  • 包括光源を使用 チェックを入れる
  • 高度 30%
  • 光沢輪郭 リング
  • アンチエイリアス チェックを入れる
  • ハイライトのモード 覆い焼きリニア R255 G238 B122 不透明度100%
  • シャドウのモード 乗算 R168 G71 B0 不透明度80%

f:id:kitahana_tarosuke:20170811002705p:plain

ベベルとエンボスはロゴ作成で必ず使われるレイヤースタイル、と言ってもいいくらい多用します。デフォルトの設定だとありふれた見た目になってしまうので、これでもか!、というくらいパラメータを設定していきましょう。

 

サテン

f:id:kitahana_tarosuke:20170810015626j:plain

サテンを利用して文字の中に光の屈折っぽい表現をします。これを入れると文字にキラキラ感が出てきます。

 

  • 描画モード 覆い焼きカラー
  • 不透明度 65%
  • 角度 128%
  • 距離 15px
  • サイズ 4px
  • 輪郭 円錐
  • アンチエイリアス チェックを入れる

f:id:kitahana_tarosuke:20170811003029p:plain

輪郭は「円錐」を選択しましたが、他のカーブでも面白い表現ができますので、好みで選んでも良いでしょう。

 

光彩(内側)

f:id:kitahana_tarosuke:20170810020112j:plain

光彩(内側)を利用して、文字の縁側に擬似的に光を当てて立体感を強調します。

 

  • 描画モード スクリーン
  • 不透明度 100%
  • ノイズ 0%
  • カラー R255 G255 B190
  • エレメント さらにソフトに
  • ソース エッジ
  • チョーク 50%
  • サイズ 4px
  • 輪郭 線形
  • 範囲 50%

f:id:kitahana_tarosuke:20170811003106p:plain

 

光彩(外側)

f:id:kitahana_tarosuke:20170810020603j:plain

最後に光彩(外側)を利用して文字の縁に境界線を引きます。レイヤースタイルには境界線というそのものズバリのスタイルがあるのですが、ボケ足のある境界線が作れないので、その場合は光彩(外側)で代用ができます。

 

  • 描画モード 通常
  • 不透明度 70%
  • ノイズ 0%
  • カラー R66 G23 B0
  • テクニック さらにソフトに
  • スプレッド 80%
  • サイズ 4px
  • 輪郭 線形
  • アンチエイリアス チェックを入れる
  • 範囲 50%

f:id:kitahana_tarosuke:20170811002823p:plain

これで完成・・・ではなくて、もう一手間加えて行きます。

 

スタイルにスタイルを重ねる

ここまでは文字レイヤーが残っていて、スタイルを外せば元の白文字に戻る状態でした。ここからはレイヤースタイルにさらにスタイルを重ねて行きたいので、画像化してからさらにスタイルを適用していきます。

後から編集できるように、元のレイヤーはコピーして非表示にして残しておきましょう。

 

グラデーションオーバーレイ

f:id:kitahana_tarosuke:20170810021536j:plain

グラデーションにグラデーションを重ねて深みを出します。実際の金を観察してみると分かるのですが、周りのオブジェクトが金自体に写り込んで複雑な光を放っています。Photoshopの機能だけでそれを表現するのは難しいので、グラーデーションを重ねることで深みを出します。

 

  • 描画モード オーバーレイ
  • 不透明度 59%
  • スタイル 反射
  • シェイプ内で作成 チェックを入れる
  • 角度 135度
  • 比率 100%

f:id:kitahana_tarosuke:20170811002847p:plain

 

ドロップシャドウ

f:id:kitahana_tarosuke:20170810022113j:plain

最後にドロップシャドウを設定して完成です。ゲームだとドロップシャドウは配置する画面によってはデータの持ち方などもあって表現できないこともあるのですが、あれば文字が締まるので、ここでは設定しておきます。

 

  • 描画モード 乗算
  • カラー R121 G0 B0
  • 不透明度 84%
  • 角度 130度
  • 距離 9px
  • スプレッド 0%
  • サイズ 10px

f:id:kitahana_tarosuke:20170811002901p:plain

最後にワンポイントで星型の小さい画像を作成して、スクリーンで配置してみました。これはレイヤースタイルで作成したのではないのですが、ワンポイントでこういうのがあると良いですね。

 

作成するのが面倒な人は、フリー素材などで宇宙の画像を探してきて、文字の周りにマスクを設定してスクリーンや加算で乗せると良いかと思います。

 

今回、公開したレイヤースタイルの設定は文字サイズが変わると調整が必要です。Phoshopのレイヤースタイルは、これが正解、というものはないので、パラメータを変更してより良いデザインにしていただければと思います。

 

それとこの作例に使用したpsdファイルを、当ブログからダウンロードできるようにしようとしたのですが・・・psdファイルはアップできないのですね。

 

文字だけの記載だとレイヤースタイルの設定が分かりづらいかもしれませんので、この記事をリライトするときに、キャプチャした画像を掲載することを考えています。

 

2017年8月11日 追記

Photoshopでレイヤースタイルの設定画面をキャプチャして掲載しました。