誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

ソーシャルゲームの利益の仕組み。運営の施策とKPIの関係について

スポンサーリンク

 

コンシューマーゲームの利益の考え方は簡単です。パッケージが何本売れるかどうかです。

最近はDLC(ダウンロードコンテンツ)があるのが一般的なので、その部分で収益があったりもするのですが、基本的にはパッケージ版が何本売れるかが勝負になります。

 

ソーシャルゲームの場合は考え方が異なります。ローンチした段階では利益はゼロなので、運営でどうやって利益を上げていくのかが勝負になります。

 

今回はソーシャルゲームの運営での利益の仕組みについて解説してみます。

f:id:kitahana_tarosuke:20180126011023j:plain

スポンサーリンク

 

 

ソーシャルゲームの利益の仕組み

今回はパズドラやモンストのような、広告のない課金アイテムが収益のゲームについて考えてみます。ゲーム内広告についてはスルーということで^^;

 

ソーシャルゲームの1日の売上は以下の式で計算できます。

1日の売上 = DAU x 課金率 x ARPPU

 

専門用語を使うとわかりづらいですね。置き換えます。

 

1日の売上 = 毎日ゲームするユーザー x 課金率 x どれくらいお金を使っているのかの平均

DAUとは、SNSをはじめとするソーシャルメディアやソーシャルアプリなどにおいて、1日にサービスを利用したユーザー(アクティブユーザー)の数のことである。

(出典 IT用語辞典)

有料のオンラインサービスにおける、会員1名あたりの月間支出額平均を意味する語。ARPPUの計算では、無料サービスのみを利用しているユーザー(無課金ユーザー)は考慮されず、課金を行っているユーザーのみの支出額平均が算出される。

(出典 IT用語辞典)

DAUは毎日遊んでくれるユーザー、ARPPUは課金してくれる人の平均額と考えてもらえれば大丈夫です。

 

仮に5万人のユーザーが毎日遊んでいるゲームがあるとします。そのゲームの課金率が3%で、ARPPUが500円とすると、

1日の売上 = 50,000 x 3% x 500円

という図式になります。1日の売上は75万円で、月額の売上は2,250万円ですね。

 

DAUや課金率、ARPPUなどの数値を総合してKPIといいます。Key Performance Indicatorの略で、プロデューサーや運営プランナーは、この数値とにらめっこしながらゲームを運営しています。

 

ソーシャルゲームの運営では、この数値のどれかを上げる必要があります。そうしないと売上が増えないですからね。基本的に運営が一番重要視するのがDAUです。ゲームをプレイするユーザー数自体が多くないと、どんな施策を売っても限界があったりするので。

 

ソーシャルゲームの施策とKPIとの関係

ソーシャルゲームではKPIを上げるために、様々な施策を打ちます。運営側は、その施策がどのKPIに影響があるのかを把握した上で実施しています。

 

たとえば、ソーシャルゲームに必ずといっていいほどあるログインボーナスです。

毎日ログインボーナスがあれば、ユーザーはそれ目的でログインする確率が高くなります。

  • ログインボーナス→DAUのアップ
  • イベント→ARPPUのアップ
  • コラボ→DAUのアップ
  • 強いキャラや武器の追加→ARPPUのアップ
  • 課金アイテムの配布→課金率のアップ

実際にはイベントはARPPUだけに関係している訳ではなく、他のKPIにも影響します。好きなイベントのときだけ課金するという人も一定数いるので、課金率のアップにも繋がります。

 

コラボはその版権が好きな新規ユーザーが流入することで、DAUのアップが期待できます。それ以外に課金率のアップにも繋がることが多くあります。

 

課金アイテムの配布がなぜ課金率のアップに繋がるのかは、以前に記事にしましたので、ご一読いただければ嬉しく思います。

 

 

プランナーはゲームの企画だけを作っている、と思われるかともおられるかもしれません。でも実際は、これらの数値をどうやって上げるのかを考えて作っているのです。

スポンサーリンク

 

 

まとめ ー ソーシャルゲームは運営で利益を出す必要がある

何度か書いていますが、ソーシャルゲームは運営で利益を出す必要があります。有料アプリならともかく、無料アプリ+アイテム課金という形が大半なので、それはソーシャルゲームの宿命といってもいいかもしれません。

 

ソーシャルゲームのプランナーは、毎日マーケティングや広報担当と話して、KPIを向上させるために企画を作成していきます。おもしろい企画=いい企画ではなく、おもしろくてKPIが上がる企画=いい企画なのです。

 

KPIにはもっと色々な数値がありますが、今日はひとまずこの辺で。