誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

Illustratorで3分で作る集中線。パス作っておけば拡大縮小しても劣化しないので便利

Illustratorで3分で集中線を作る方法を紹介します。

古くからIllustratorを使っている人にはおなじみのテクニックです。

 

もちろんPhotoshopでも集中線は作れるのですが、Illustratorで作っておくと拡大縮小しても劣化しないのと、線を自由に調整できるので使い回しができます。

f:id:kitahana_tarosuke:20180117012625j:plain

スポンサーリンク

 

 

イラストレーターでベースになる集中線を作成

まずはベースとなる四角形を作成します。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117013210j:plain

分かりやすいようにIllustratorの画面全体をキャプチャしてみました。

中央にある黒い四角形は左右が640pix、天地が480pixで作成しています。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117014026j:plain

黒い四角形を隠すくらいの大きさで円を作成します。

  • 円が大きい→集中線が短くなる
  • 円が小さい→集中線が長くなる

円の大きさはお好みでいいのですが、上記のような認識で作成してもらえれば大丈夫です。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117014500j:plain

フィルタ→パスの変形→ラフを選択して、円の形状を変形します。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117014755p:plain

ラフの設定画面です。

  • サイズ 22%
  • 詳細 68/インチ
  • ポイント ギザギザ

今回は上記の設定で作成してみました。この数値も自由に変えていただいて大丈夫です。

  • ギザギザの幅を大きくしたい場合→サイズを変更
  • ギザギザの細かさを変更したい場合→詳細を変更

ラフで変形してできたギザギザの部分が集中線になる、と覚えていただくといいかと思います。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117015311j:plain

効果→パスファインダ→前面オブジェクトで型抜きを選択すればいったん完成です。もちろんパスファインダのパレットから操作してもかまいません。

 

イラストレーターで細かなクリーンアップ

パスを拡大してよく見ると、不自然なポイントが発生しています。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117020114j:plain

集中線の左側をクローズアップしてみました。一部のパスの形状が不自然ですね。

ラフの設定だけで無くすことができないか、何度か調整してみたのですが、完全に無くすことはできないようです。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117020520j:plain

ペンツールを使って不要なポイントを削除します。目立つところだけをポチポチして、消してしまえばいいでしょう。ぐるっと周り全体を作業したとしても1-2分くらいですかね。

 

f:id:kitahana_tarosuke:20180117012625j:plain

パスをざっと修正した集中線で作成したのが、今回のアイキャッチ画像になります。

スポンサーリンク

 

 

まとめ ー イラストレーターで作成しておけば使い回しができる

Illustratorで集中線を作成する最大のメリットは、何といっても使い回しが効くことです。サイズ変更しても劣化することがないので、よく使用する集中線を複数作っておけば、仕事ですぐに使用することができます。

 

ラフの数値を変更すれば線の調整も可能です。

f:id:kitahana_tarosuke:20180117021535j:plain

  • サイズ 17%
  • 詳細 30/インチ
  • ポイント ギザギザ

これはラフの設定を上記の数値で作成してみました。

 

Illustratorで作成しておけば、これを回転したり反転したりすることで、集中線のアニメも作成することができます。

普段は集中線はPhotoshopで作成しているよー、という方は、一度試していただければ幸いです。