誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

リアル・モンスターハンター ネッシーを25年間探し続ける男

スポンサーリンク

 

モンスターハンターというと、ゲームを思い浮かべる人が大半でしょう。

 

現実の世界にもモンスターハンターと呼ばれる人物がいます。

イギリスでネッシーを探し続けるスティーブ・フェルサムさんです。

 

フェルサムさんは2015年に、ネッシーの正体について発表したことで日本でも話題になりました。

 

 

f:id:kitahana_tarosuke:20171216235340j:plain

(出典 英デイリー・メール)

参考にネッシーが撮影された写真を用意しました。「外科医の写真」として有名ですね。

この写真はネッシーを撮影したものとして最も有名な一枚ですが、現在は信憑性が疑われているようです。

スポンサーリンク

 

 

ネッシーを探し続けて25年

スティーブ・フェルサムさんは現在54歳です。1970年、7歳のときにネス湖のあるハイランドに家族旅行にきて以来、ネッシーのとりこになったそうです。

f:id:kitahana_tarosuke:20171217163546j:plain

(出典 AFPBB News)

毎年、ネス湖でキャンプを張り、ネッシーの調査を続けていました28歳のときに決心して、ネス湖のほとりにバンを設営して暮らし始め、フルタイムのネッシー調査員として活動を始めました。

 

調査一年目に、長細い生き物が水面を泳いでいくのを見かけたそうですが、そのときは残念ながらカメラを持っていなかったそうです。

 

それ以降も25年に渡りネス湖を調査しているそうですが、残念ながら一度もネッシーを見かけていないそうです。

 

ネッシーの置物を販売することで生計を立てている

どうやって生計を立てているのかが気になったのですが、フェルサムさんは若い頃に陶工やグラフィックアーティストされていたようで、現在はその腕を活かしてネッシーの置物を製作して販売しているそうです。

f:id:kitahana_tarosuke:20171216233819j:plain

(出典 flicker)

なかなか個性的な置物ですね。

他にも世界で最も長くネッシーを調査している男としてギネスブックに掲載されていたり、スコットランドから観光賞を授与されたりもしています。

いつも観光客から多くの質問を受けているそうなので、現地ではかなり有名人のようです。

 

まとめ ー ぜひともネッシーの正体を突き止めてほしい

ご本人はネッシーの正体をヨーロッパオオナマズの可能性が高いと話しておられるそうです。だが、もう少しロマンチックな答えを期待しているとも。

 

そして25年以上、ネッシーを調査し続けてきたことに後悔はないと話しておられます。

 

でも、できることならネッシーの正体を突き止めてほしいと思います。

というか、半生をかけて調査しているのに、ネッシーの正体を突き止めずに調査が終わってしまうのは寂しく感じます。

 

ネッシーが姿をみせてくれるといいのですが。