誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

MENU

安田佳生氏のTwitterには名言が溢れている

安田佳生さん、をご存知でしょうか。


現在の安田氏は複数の肩書きをお持ちです。

株式会社ブランドファーマーズ・インク 代表取締役社長
株式会社カケハシスカイソリューションズ 顧問
株式会社安田佳生事務所 代表
NPO法人 中小企業共和国 理事長

 

f:id:kitahana_tarosuke:20170908001515p:plain

(C)株式会社安田佳生事務所 

 

境目研究家というちょっと一言では説明しにくい肩書でも活動されてます。

yasudayoshio.com

 

今は上記のBFIという会社に出張中、という設定のようですね。
そして安田氏は株式会社ワイキューブという会社の社長でした。

 

出会いは一冊の本

数年前、ある資格を取得するために、私は図書館で勉強していました。
そのときに気分転換に手に取った本が、
「私、社長ではなくなりました。ーワイキューブとの7435日ー」
という本です。

 

安田佳生氏が株式会社ワイキューブという会社を創業し、経営し、そして民事再生に至るまでを記録した著書になります。


実はそれまで私は氏の本を読んだことがありませんでした。氏は会社の社長を務めながらも、いくつか本を出しています。

 

もっとも有名なのが「千円札は拾うな。」という本でしょうか。
インパクトのあるタイトルなので、ご存知の方も多いと思います。私も「私、社長ではなくなりました」の後に読んでみたのですが、価値観に対する気づきを得られることが多く、今でも間違いなくビジネス本としては名著です。

 

ブックオフなどで安価で売られていることが多いのですが、それは安田氏が経営していた、ワイキューブが倒産したことが影響しているのではないでしょうか。

 

ワイキューブという会社

図書館で安田佳生氏の本に出会うまで、氏のことは知らなかったのですが、ワイキューブという会社名は実は何となく聞いたことがありました。
もっと正確にいうと、会社名は覚えていなかったのですが、そういう変わったブランディングをしている企業があるということを耳にしたことがあったのです。

of-watch.jp

 

検索したら、株式会社ワイキューブのオフィスが紹介されたサイトを見つけました。

  • バティシエが常駐するサロンがあり、コーヒーやケーキは全て無料。
  • 社員専用のバーや社員向けのセレクトショップ
  • バリスタが常駐する社員専用の喫茶店。

至れり尽くせりという感じで、ここまで待遇の良い会社はなかったと思います。これだけではありません。他にも色々とあります。

  • 新卒一人の採用に800万円の費用
  • 社員の平均年収を1,000万円まで引き上げる(これは実現しなかったようですが)
  • 社員をオシャレにするための自社ブランド「Y-style」を設立
  • 入社2年目以上の社員はグリーン車で移動

ちょっとびっくりするようなことにお金をかける方針で、会社を経営されていました。でも、一概にそれが失敗だったとは言えません。

 

ワイキューブは2006年にはベンチャー企業といては異例の年商46億円という数字を叩き出します。安田氏の取った施策の数々はセルフブランディングとしては成功したといったいいでしょう。

  • 普通の会社が300万円の予算をかけるところに、400万円をかけても何の注目もされない。
  • 他の会社が1円もお金をかけないところに、300万、400万円のお金をかければマスコミがこぞって取材に来てくれる。

 そう考えれば、パティシエが常駐するサロンも、会社の広報としては元が取れたのでしょうね。

 

紹介したいのは安田氏のTwitter

少し話が脱線しました。紹介したいのはワイキューブではなくて、安田佳生氏のTwitterです。氏のTwitterには名言が溢れています。

 

いくつか私自信が良いと思ったTwitterを紹介します。

ブログを書いている人であれば肝に銘じておきたいですね。書き続けて書き続けて粘りに粘りましょう!

 

周りを巻き込んでいく、という言葉は、京セラを創業された稲盛和夫氏もよく使う言葉です。

 

私は経営者になったことはありませんが、経営者には経営者の苦労があるのでしょう。雇用というシステム以外の道を歩くことを考えないと行けないのかもしれません。

 

誰にでも大切な人は存在します。その人のために全力を尽くしましょう。例え結果がどうなろうとも、それは成功した人生と言えるのでしょうね。

 

氏の名言はまだまだ紹介しきれないくらいあります。安田氏は今でもときどきツイートされているので、もし興味がお有りでしたら、フォローしていただければと思います。

 

私自身がTwitterを始めて日が浅いのですが、氏のツイートが流れてくるのを毎日楽しみにしています^^