誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

MENU

今の自分と1年前の自分とどちらが強い?

f:id:kitahana_tarosuke:20170720001056p:plain

K-1魔裟斗選手の発言が、今でも忘れられません。

「1年前の自分と今の自分が試合をすれば、今の自分が100%勝つ」

 

上記は魔裟斗選手が現役時代の頃の発言です。時期は引退する2、3年前だったと思います。記憶に頼って書いているので、言葉の細部は違っているかもしれません。

 

スポーツ選手にとって年齢は・・・

スポーツ選手にとって、年をとることは体力の衰えとの戦いです。

プロ野球イチロー選手は、今でも大リーグで活躍されています。彼がヒットを打ったりやファインプレーをすれば、すぐニュースとして取り上げられます。でも、イチロー選手の現在の打率が2割2分前後なのはあまり報道されません。

(ちなみに私はプロ野球が好きで、イチロー選手も心より応援しています)

 

3割を当たり前のように打っていたイチロー選手でさえ、加齢による衰えはあります。

全てのスポーツ選手は20代を過ぎると身体能力は落ちていくのです。

 

スポーツの種類にもよりますが、一般的に身体能力とスポーツから得るスキルや経験をあわせた選手としてのピークは、20台中盤から後半に来ることが多いそうです。

 

魔裟斗選手の発言の重さ

格闘家ももちろん年をとると身体能力は落ちていくでしょう。格闘技は道具やチームプレーもなく、リングの上で1対1の戦いです。身体能力が占める割り合いが他のスポーツよりも多いと思います。

 

でも、魔裟斗選手は、1年前の自分に必ず勝つ、と断言してました。

 

かっこいいですねー^^

 

男としてはそうありたいです。1年間の間、練習してきた積み重ねがあるからこそ、できる発言なのでしょう。

 

そして自分を振り返る

自分は1年前の自分に勝てるだろうか。

1年前とくらべて成長しているだろうか。

体力の衰え以上に積み上げたものはあるだろうか。

 

とりあえず・・・今日は筋トレをしてから寝ることにします。

(そういう意味じゃねえー^^;、と自分で自分にツッコミを入れつつ)