誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

5分間のマジック。やる気を出すためのたった一つの冴えたやり方

スポンサーリンク

 

f:id:kitahana_tarosuke:20170714232915j:plain

やる気が出ないときに、簡単にやる気が出る方法を紹介します。その方法は難しいものではありません。誰でも簡単に実行することができます。

 

その方法とは、5分間だけやってみる、です。

 

対象はどんなものでもかまいません。英語でも運動でも何でもいいのです。

  • 自分が学ぼうとしていること
  • やらなければいけないこと

を5分間だけやってみるのです。やってみて気分が乗ればそのまま続ければ良いし、気分が乗らなければそこで止めてしまいましょう。

 

脳は自分で騙すことのできる器官

5分間だけやってみる、という方法は過去に読んだ本からの受け売りです。何の本に書かれていたのかは忘れてしまったのですが、ヒットしていたビジネス本だったと思います。

 

人間の脳は自分で騙すことができます。5分間だけなら誰でも作業をすることができるでしょう。5分間だけやってみよう、と言い聞かせて実際にその作業をやってみるのです。

 

あれ、今日は調子がいいな。5分ではなくもう少しやってみようか

 

 

という感じで、自分で自分の脳を騙すことができて、そのまま作業が継続できれば儲けものです。やる気が出たからやる、のではなく、やるからやる気がでる、という方向に持っていくのです。

 

5分間のマジックを習慣にしてみよう

5分間のマジックを習慣にしてみましょう。たとえばこのブログです。ブログを継続するのもなかなか難しいですよね。どうしてもネタが思い浮かばなくて、書く気が起こらない日もあると思います。そういうときにとにかく5分間だけブログを書いてみましょう。

 

英語ならとにかく5分間だけ英語の学習をしてみる。プログラムでもデザインでも勉強したいもの、習慣化したいものを5分間だけやってみましょう。やる気がでなければ5分で辞めてしまって、もし5分以上続けられそうならそのまま続けてみるようにすると良いと思います。

 

脳のイメージイラスト

人間の脳というのは騙されやすいそうです。最初はやる気がわかなくても、5分間だけその作業をすることで、脳が行動に騙されて「あ、ひょっとしてやる気があるのかも」と作業に対して前向きに働くことがあるそうです。

 

やる気が出なければ、5分間だけやって止めてしまえばいい。

そう思えば気軽に習慣化したい作業に着手できるはずです。

 

才能ではなく、習慣が人生を変える

習慣が人生を変える、という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。私自身もそう考えています。

 

習慣が人生を変える。

 

早寝早起き、ダイエット、筋トレ、読書、英語、ブログ・・・・何でもいいのです。小さなことでもかまいません。ほんの少しの習慣から人生が変わります。

 

とはいっても、続けることって難しいですよね。なかなか習慣化するところま行き着きません。私自身もそうですし、誰でもそうだと思います。

 

私も英語の学習を習慣化しようと何度も挑戦しています。紙と鉛筆だとなかなか継続できないので、英語の歌を聞いたり、3DSで英語のソフトを購入してみたり、様々な方法を試しています。

 

それでも習慣化するところまではなかなか行き着きません。

 

私は歯磨きをしないと気持ち悪くて眠れないのですが、英語の学習をしなくても朝までぐっすり気持ちよく眠れますw

 

英語の学習が習慣化するまではの、道のりはまだまだ遠そうです。

スポンサーリンク

 

 

まとめ ー 5分間のマジックで、獲得したいスキルを習慣にしよう

「もしもピアノが弾けたなら」という名曲があります。曲自体はすごくいい曲で私も大好きです。

www.youtube.com

 

でも、実際にピアノが弾けたらもっといいですよね。

英語が思うどおりに話せたら素敵ですよね。

プログラムができてアプリが作れれば一攫千金もあるかもしれませんw

 

どれもが一朝一夕に身につくスキルではありませんが、習慣化すれば身に付けることもできるでしょう。「もしも」ではなく、習慣化してスキルを身に付けるようにすればいいのです。

 

私もブログが習慣化しつつあるので、次は英語かプログラムに挑戦します。もちろん意志薄弱な私は、5分間のマジックを使うことにします。