誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

マンガ評 HUNTER×HUNTER 34巻 ヒソカ VS クロロ

f:id:kitahana_tarosuke:20170703014852j:plain

ジャンプ系バトルマンガの最高峰、という紹介だけでは適切ではないかもしれません。

HUNTER×HUNTERというマンガは、様々な冒険、主人公の成長、張り巡らされた伏線、複雑な設定上での戦闘、と様々な要素を含んでいます。

ときには直接の戦闘ではなく、選挙戦のような頭脳戦さえあります。

 

それがHUNTER×HUNTERという作品です。
そしてその奥の深さが連載と休載を繰り返しても、支持される所以ではないでしょうか。

 

34巻の見どころはヒソカVSクロロ

マンガの評論というのは難しいですね。どちらが勝利したのかは読んだ人なら知っているのですが、まだ読んでない人にとっては、当たり前ですがどちらが勝ったのかは分かりません。

 

それを書いてしまうとネタバレになりますし、勝敗に触れずに書くのもなかなか難しいので、どうしようか迷いながらこの文章を書いています。

 

普通のバトルマンガと違うのは、登場人物が持つ特殊能力に様々な条件が設定されていることです。HUNTER×HUNTERではそれは「念」と呼ばれているのですが、一定の条件下でしか発動しないものや、単純に肉体を強化するもの、何か操作するものなど、様々な「念」が登場します。

 

ヒソカが持っている「念」は非常に優れたものが2つ、一方のクロロは「念」を盗んで自分のものにする能力なので非常に特殊、というべきでしょうか。

 

二人の行動で少しだけ疑問

コミック派の私は結果を知らずに34巻を読んだのですが、少しだけ疑問なのは、自分が100%勝てないと悟ったときに、撤退する、という選択肢は選ばないものなのでしょうか。

 

もちろん、相手がそう言ったからと言って、自分が100%負けるとは思っていなかったのかもしれませんが、戦闘の熟練者であれば、ある程度バトルが経過した時点で、結果が読めそうな気もします。

 

ああ、でもそれだとマンガにはならないかな。

 

次巻は新大陸編

一応、読み返してみて、大きなネタバレにはなってないと思いますが、どうでしょうか。

 

さて、次は新大陸編、ですかね。

連載が順調に続けばコミックもすぐに発売されるのでしょうが、休載が多いマンガ家さんなので、気長に待つことにします。