誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

鍬を担ぎ、籠を背負い、タバコを吹かしながら歩く老婆

f:id:kitahana_tarosuke:20170701001706j:plain

昔、田舎に住んでいた。

夜になるとカエルの合唱が五月蝿いくらいに鳴り響いた。

街灯はなく、夜になると空気に墨汁を溶かしたような闇だった。

 

そんな田舎の夕暮れだったと思う。

 

一人の老婆が歩いていた。

夕焼けの中を、鍬を担ぎ、籠を背負い、タバコを吹かしながら歩いていた。

 

私はタバコを吸わない。どちらかと言えば嫌いと言っていい。臭いがどうしても好きになれない。

 

でも、その老婆を凄くかっこいいと思った。

タバコをくゆらせながら、ゆっくりと歩く老婆を。

今日も仕事したなあ、という充実感がその体からは滲み出ていた。

 

紫煙は老婆の周りをゆっくりと棚引き、

老婆の顔は夕日を浴びて黄金色に輝いていた。

 

 

いつもと違う文体で、私が過去に目にしたかっこいい情景を書いてみました。

読み返してみると凄く照れくさいのですが、まあ、たまにはこういうのも良いかと思います。

 

一日の仕事を終えて、ゆっくりとタバコを吹かすおばあちゃんのように、充実した日々が送れることを願って。