誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

先輩の胸の谷間に手を突っ込んだ話

タイトルを書いていて、
「良いのかなあ、これ」
と、ちょっと悩んだのですが、気にしないことにします。

まあ、個人の雑記ブログですから(という逃げ口上)。

 

高校の水泳部で事件は起きました

私は中学、高校と水泳部に所属していました。専門種目はブレストです。平泳ぎですね。

 

ちなみに水泳経験者は4泳法を下記のように呼称します。

  • クロール=フリー
  • 平泳ぎ=ブレスト
  • 背泳=バック
  • バタフライ=バッタ

 

この文章では、分かりやすいようにフリーをクロールと記述します。

 

少し水泳のトレーニングについて解説します。

トレーニングではいつも専門種目で泳いでいる訳ではありません。心肺機能を鍛えるためにクロールで泳ぐことがあります。その逆のクロールを専門にする選手が、バックを泳いだりすることはないのですが、それ以外の3泳法の選手は、一番心肺機能が鍛えられるクロールで泳ぐことが結構あったりします。

特にインターバルと呼ばれる、一定の時間内に本数を決めて泳ぐトレーニングのときに、クロールで泳ぐことが多いと思います。

 

・1分 50m X 18本
とかですね。

 

上記の時間や本数は適当ですので気にしないでください(私が高校のときの練習メニューを、記憶に頼って書いています)。

 

インターバル練習のときに衝突

水泳は右側通行です。そして一つのコースに大体同じタイムの選手が入ります。

 

先輩は美人で男子の憧れの的でした(仮にA先輩とします)。

学年は私より二つ上で、専門種目はバックでした。私は前述したように平泳ぎだったのですが、二人のクロールのタイムがほぼ同じだったので、インターバル練習のときはいつも同じコースに入っていました。

 

二人とも専門種目がクロールではないので、それほどクロールに関しては上手くありません。だからこそアクシデントが起こりました。

 

コースの中央で頭から衝突したのです。

 

プールの底にはラインが引かれています。泳いでいるときに、もちろんそのラインが目に入るので、右側通行を守っていれば、ぶつかることはまずありません。手や足が当たることは時々ありますが。

 

自分の手の位置がわからなかった

ぶつかったときに最初に感じたのは頭の痛さでした。まあ、頭から衝突したので当たり前ですね。

 

目の前に火花が飛んでいて、誰とぶつかったのかはすぐには分からなかったのですが、

「ごめんなさい。大丈夫?」

という声で、A先輩だと認識できました。

 

そして手で頭を抑えようとしたのですが、手がなぜか自由になりません。

 

そのときに、

「きゃ!」

とA先輩が小さく声を上げました。

 

私の手は・・・A先輩の水着の谷間にすっぽりと入っていたのです。

もちろん慌てて引き抜き、謝りました。そして気恥ずかしかったので、すぐに水面に潜って、インターバル練習を再開しました。

 

その後は・・・

そのアクシデントは特に誰にも見つかりませんでした。練習中は選手は水の中しか見えてないので、立っている二人の足が見えても、何をしているのかは分からなかったりします。

 

ただ男子更衣室でダベっているときに、私自身が話してしまいました。

 

男子の先輩はいつもA先輩に彼氏は居るのか、もしくは好きな男子が居るのか、という話を良くしていました。A先輩が水着の食い込みを直す仕草をしようものなら、それだけで男子の間で話題になっていました。

 

なので、少し自慢したくなったのです。

 

 「あ、俺、A先輩の胸の谷間に手を突っ込んだことがあります」

 

いつもの男子更衣室でダベっているときにそう言ったら、先輩連中に冗談っぽく、ぽこぽこと頭を叩かれました(中には本気で叩いている先輩もいました)。

感触とかもしつこく聞かれたのですが、テキトーにしか答えられませんでした。実際は頭の痛みしかなく、手の感触などはまったく分からなかったので。

 

夏が来るといつも思い出すエピソードです。