誰も見ていない時間

ゲーム、読書、マンガ、ライフハックなどの雑記

ゲーム会社で働く人間はゲームをたくさんするのか?

人それぞれです。

 

というと、それだけで終わってしまうので、経験を交えて書いてみたいと思います。

 

基本的にはゲーム好きの集まり

ゲーム会社の人間は基本的にはゲーム好きの集まりです。

そりゃそうですよね。ゲーム嫌いな人間であれば、そもそもゲーム会社で働こうとは思いません。ゲームが好きでゲーム会社で働きたくて就職した、という人が多いのは間違いないです。

 

ただ、美術系の大学を出たデザイナーさんとか、専門学校でプログラムを学んだエンジニアさんとかで、就職の選択肢のひとつとして、ゲーム会社に入ってくる人もいます。

 

そういう形で選ばれるゲーム会社はたいていは大手のゲーム会社ですね。まあ、大手でないと、就職先として有望とは言えないので、当然といえば当然ですが。

 

分業制なので特化した人も

大手ゲーム会社だと職種が明確に分かれています。

たとえば、デザイナーでも背景やキャラクターなどのイラストを専門に担当する人が居たりします。デザイナーというよりはイラストレーター的な立ち位置ですね。

 

私が以前に在籍していた大手ゲーム会社で、背景を描かせると抜群に上手い女性のデザイナーさんがおられました。その方はゲームをまったくプレイせず、自分が作ったゲームさえも遊ばないタイプの人でしたが、イラストレーターとしての技量は抜きん出ていました。

 

そういう一芸に秀でたタイプの方は、ゲームの知識などは必要なかったりします。クオリティの高い絵が描くことで、ゲーム開発に寄与することができるどうかのほうが重要なのです。

 

ゲームを知っていないと出来ない職種

これは間違いなくプランナーです。

ゲームを知っていないとプランナーとしてやっていけません。プランナーはゲームの企画を考えることだけが仕事ではありません。協力会社やクライアントとの窓口役を担当することも多くあります。


「○○というゲームの△△を参考にして欲しいんだけど」

「いや、僕はゲームをしないので、よく分からないのですが」

 

と返答でもしようものなら、そこでプロジェクトは終了です。

 

パーティゲームはゲーム会社でも人気

昼休みや定時後にゲームをすることは多々あります。

私が以前に在籍していたゲーム会社は、定時後になると仲間が集って、マリオカートやモンハンをプレイしていました。

 

ファミ通なども業界紙的な捉えられ方をするので、レンダリング中などに読んだりしていました。普通の会社だと就業中にファミ通はありえない、と友人に言われてしまったことがありますが。

 

最後に学生さんへのアドバイス

残念ながらゲーム好きの人がゲーム会社に採用されるとは限りません。

採用されるのはどちらかというと、上一芸に秀でたタイプであることが多いと思います。上記したような背景が抜群に上手いデザイナーさんとかですね。

 

会社というところは、なるべく即戦力になる人を採用しようとします。

もしゲーム会社に就職したいな、もしくは転職したいな、と考えておられる方は、ゲーム好きをアピールするよりも、何かひとつ「これだけは絶対誰にも負けない」というようなスキルを持つといいかと思います。